戦後廃れていた砥部焼のデザインに,「唐草の文様」と,考え抜かれた「器の造形」で復興の大きな一端を担った工藤省二の図案集。砥部焼といえば「唐草の文様」とイメージ付けられるまでになったが,そのオリジナルデザイナーである本人の著書,ましてや図案集はなかった。この「唐草」はどこから着想されたのか,どのように生まれたのか垣間見ることができる。私個人の祖父でもあり,大変貴重な共同プロジェクトとなった。さらに書体には,伊藤親雄さんの「陰翳書体」を寛大にもご好意で使用させて頂いた。人と,人が使う器のことをひたすら思って作られた図案と,人と,人にのぞみを持ってほしいという動機で作られた書体は本当に美しい佇まいだった。
Back to Top