母恵夢本舗は、愛媛県・今治市に本社を構えるお菓子の老舗。
愛媛のお土産といえば、瀬戸内銘菓「母恵夢」と言われるほど人々の支持を得ている。
その歴史は興味深く、戦後の昭和25年、材料不足が深刻だった時代にも関わらず、バターや卵を惜しげもなく使った「バター万十」を発売した。大事に食べるごほうびとしての、お菓子だったとお聞きする。
モダンさや、新しい風を感じる味わいは「バター万十」から「母恵夢」という名前に変わっても、受け継がれている。
その「母恵夢」の新商品、「瀬戸内ふわまーじゅ」のパッケージを手掛けさせていただいた。

材料へのこだわりが、大きな特徴で瀬戸内産レモン、愛媛蜜柑のはちみつ、たっぷりのクリームチーズを使用している。
地元の食材と卓越した技術で、瀬戸内の風景が浮かぶとろけるようなチーズケーキになっている。

デザインには、特徴であるこだわりの食材のスケッチを、コラージュして配している。内箱には、開けた瞬間に
瀬戸内のイメージをさらに膨らませられるよう島々の風景を描いている。
Back to Top