東京・青山、長野・松本にあるギャラリー「石榴」にて開かれた岡本太郎 「眼と眼」展 カタログ。


激しい気性や原色の色使いなど、人々によく知られている面ではなく、
内省的でかわいらしい岡本太郎の一面に焦点を当てる試み。


カタログデザインも無防備でとぼけていながら、まとまっている「洗練された土偶」の様な作品を目指した。

Back to Top