ポストクラシカル、ジャズ、ポップ等々いずれのジャンルにも当てはまらない、ノスタルジックでリリシズム溢れる独自の音世界を紡ぎ続けるグラスゴー在住のコンポーザー/アレンジャー/マルチ・プレイヤー、ビル・ウェルズ。
卓越したタッチを聴かせるピアノを基盤にしたトリオ、オクテット、ビッグ・バンドなど様々な編成でのリーダー作以外にも、マヘル・シャラル・ハシュ・バズ、パステルズ、ジャド・フェア、エイダン・モファット、TAPE、イザベル・キャンベル(元ベル・アンド・セバスチャン)らとの数多くのコラボレーションでも知られ、2012年の『レモンデイル』ではテニスコーツ、二階堂和美、工藤冬里、青柳拓次、藤井郷子、梅田哲也、ジム・オルークら日本在住の音楽家たちが大挙参加し話題をよんだ。

Back to Top